ECHOを楽しむためのSlackの使い方

更新日:3月8日

はじめに

ECHOはSlackというチャットツールを中心に活動しています。

ECHOに参加して初めてSlackを使ってるよという方もいらっしゃると思うので、今回は簡単にSlackの使い方を紹介していきたいと思います。


SlackはWEBブラウザでも閲覧できますし、専用のアプリケーションを入れることで更に便利に使うことが出来ます。Slackの公式サイト(https://slack.com/)からアプリケーションをダウンロードすればWindowsやMac、スマホなど、どの端末でもご利用いただけます。



 

《目次》

【Slackの名称について

「チャンネル」について

「メッセージ」について

「スレッド」について

「スタンプ」について

・「メンション」について

「DM」について

「チャンネル追加」について

・「チャンネルからの退出」方法

「ブックマーク」について

・ファイルストレージ上限について


【ECHOのSlackのローカルルール】

新規チャンネルの作成は運営へ

メディアの貼り付けについて

ECHO公式ツイッターについて

禁止事項

【さいごに】

 

Slackの名称について

Slackを立ち上げるとこんな感じの画面が開きます。

画面左にチャンネルが羅列されていて、真ん中にメッセージ、右側にスレッドが表示されています。それぞれの名称や操作方法について紹介していきます。


チャンネル」について

話したい話題ごとにジャンル分けしたものをチャンネルと呼びます。

Slackをたちあげると、画面左側に「#00_雑談ちゃんねる」や「#00_エコッター」などチャンネル名が羅列されています。気になるチャンネルがあったら覗いてみてください。


メッセージ」について

チャンネルを選択すると、画面真ん中が切り替わります。選択しているチャンネルの中を覗いている状態です。覗いてみると、いろいろなメッセージが流れています。


画面の一番下にテキスト入力欄があります。こちらにメッセージを入れて緑の紙飛行機マークを押すことで、そのチャンネルに投稿することが出来ます。


スレッド」について

誰かが投稿したメッセージに対して、更に返信をしたい場合などはメッセージの右上の「フキダシマーク」を選択します。

こちらから「スレッドで返信」することが出来ます。

一つの話題に対して、掘り下げて会話をしたい場合などに使用します。



スタンプ」について