サンゼ(和田 光司)って誰?


本名 和田光司

株式会社リヒトグラフ 代表


オフラインエディターとして数々の有名CMを手掛けながら

YouTuberサンゼとしても活動中


After EffectsとPremiere Proのテクニックを200コンテンツ以上発信している


技術評論社よりベストセラー書籍

『動画でわかる After Effects教室』を出版


ACC 2021 フィルム部門 クラフト賞をエディターとして受賞

『Let's Go! ピカチュウ』 TVCM

『ルンバに願いを』 WEB CM

『LEXUS』 WEB MOVIE







担当:

現場編集・オフライン編集

担当:

オフライン編集・モーショングラフィックス制作

担当:

現場編集・オフライン編集・オンライン編集・モーショングラフィックス制作


必要なのは『理由』と『仲間』


理由を見失いかけた頃

僕は20歳で東京の映像編集スタジオに就職したのですが、23歳からの1年半は故郷の新潟に戻り映像とは全く別の仕事をしていました。


日中に肉体労働をしたあと、帰宅してからAeチュートリアルサイトを漁ってはソフトの練習をする日々でした。学びの多い時期ではあったのですが同時にとても孤独な時期でした。

なぜならば、周りに映像を作っている仲間がひとりもいなかったからです。


広告賞の公募を見つけても、自分では参加することも恥ずかしいと思っていました。こっそりTwitterやYouTubeに映像を投稿したりもしましたが、残念ながら他のクリエイターとの交流は生まれませんでした。


映像ついて話す仲間がいない中、家族から「何のためにつくってるのか」と尋ねられましたが、僕は何も答えられませんでした……。