エコメンインタビュー#01

更新日:9月15日


トクするために「必要な情報」を得るための空気づくり---Mikioさん

2022-08

 

《目次》 ※本インタビューはECHO放送部の内容を一部書き起こしたものです

・ECHOに入ったきっかけと意味

・映像という分野に興味を持った原点について

・フリーランスになった経緯

・ガムシャラの意味

・フリーランスを続けるコツ

・現場での作業感を生配信

 

ECHOに入ったきっかけと意味

---ECHOにはいつ頃、入られたんでしたっけ。


Mikio:

実は最初の方から居るんですよ。

ラクーンエフェクトのマサキさんがLINEのオープンチャットでやられてる『AEチャット』。

あそこでサンゼさんをお見かけし、「オンラインコミュニティはじめるよ」ってことを知りまして、ベータ期間にとりあえず入りました。


---じゃあ本当に、いちばん初期からいらしたんですね。


Mikio:

実はそうだったんです。

ただ、当時なかなか忙しく自己紹介も書けずで……なんかウロウロしてたら2か月間のベータ版が終わってしまったんですよね。

そのタイミングで一旦は退会になったんですが、そのあとコロナで仕事が本格的に暇になってきたんで、改めて入り直したんです。

僕は今フリーランスでやっているんですが、もともと大きなポスプロとかにいたわけでもないので、同期とかがいないんですよ。

だから友達っていうか何か仲間があまりいなくて(笑)。

なので、仕事を通した立場とは別の部分で、何かお話ししたいっていう気持ちがありました。

それと、やはり一人だと手が回らず、お仕事を結構お断りする事が多くて…。

そうやって限界を感じていたので、何か一緒に仕事できる人もいたらいいなっていう2つの思いがありましたね。


サンゼ:

ちなみにちょっと軸ずれるけど、俺を見つけたきっかけは何だったんですか(笑)


Mikio:

見つけた経緯としては、当時、改めてTwitterをちゃんとやろうってアカウント作ったところで、AEチャットやサンゼさんを知った流れですね。

で、何かシンパシー感じたんですよ。やってる仕事とかも似てるし。

サンゼさんのチュートリアル見て「これすげえわかる」っていうのと、「僕の知らないことがここで知れる」っていうのがあって、この人絶対信用できるじゃんと思いました。

特にMochaのチュートリアルでお世話になってます。


サンゼ:

めっちゃ現場で使いますもんね。


Mikio:

MochaってAEの途中から追加されたので、僕よくわかってなかったんですよね。だからずっと力業でやってて。実際、Mocha使ってみたら「これは便利だ!」ってなって。

今や偉そうに「いや、それはMocha使った方がいいですよ」ってすぐ言っちゃいます(笑)。


サンゼ:

言葉でそう言ってもらえると嬉しいや本当に。


Mikio:

困ったときには「サンゼさんのチュートリアルやって、本を読んでくれ」って言えば大体のことが解決するんだから最高です。

バイブルですよあれ。





映像という分野に