ECHOでのお仕事のルール

おかげ様でECHOメンバーも400名を迎えました!すごい!


またECHO映像大会によってお互いの得意不得意が見てきてことで、それを補う形でメンバー同士の仕事のヘルプなどがうまく回ってきていると噂に聞きます。


サンゼがECHOを作るきっかけの一つが、クリエイター交流会などがあまり仕事に繋がりにくいと感じていたためのです。


名刺交換や肩書も大切なのですが、一番大切なのが『人となり』です。

クリエイターとしての、人となりが一番わかるのが『その人が作った作品』だと思うので、その作品を中心にした交流会をしたいという思いがECHO映像大会にはありました。


それが少しずつ2年の時間をかけて実を結びつつあることを嬉しく思います。

前置きが長くなってしまいましたが、ECHO内でお仕事のやり取りをする際にお願いがあります。お仕事やり取りを検討してる方は一読ください。



サンゼのスタンスとしては、ECHOを通して知り合ったメンバーが仕事でもつながるのは非常に喜ばしいことだと思います。生活に結びつく場所になるなんて本当にすごいことです。


ただ、それと同時に気を付けないといけないことは、いままでの友人の関係から、仕事の関係になるわけですから、しっかりとお互いに話し合いや線引を設けたほうがいいと思っています。